Bliss-out 5周年、大盛り上がりのパーティのご案内

2016年10月8日、友人らを巻き込んでBliss-outの5周年記念パーティに行ってきました!

 

普段よく乱交パーティに一緒に行く男性と、ハプニングバー初体験の女の子2人を誘って参加しました。

男性は超絶イケメンのマッチョで本当に格好良い私の自慢のパートナー。ハッピーメールで知り合いました。

↓↓ここね♪↓↓
ハッピーメールバナー

 

 

4人でパーティ開始の19時に乗り込みました。

もうすでにドア前には行列ができていて、これは盛り上がりが期待できそうな感じ。

 

【いざ入店】

私以外の3人はBliss-outは初めてだったので、身分証の確認と、申込書の記入がありました。

普通、ハプニングバーでは年齢確認や身分(警察か否か)の確認のために、身分証の提示を求められますので、パーティの時でも必ず携帯しておきましょう。

そして申込書に氏名・住所・電話番号等の連絡先を、ハンドルネームを決めます。お店の中では、ハンドルネームを名乗るのが普通なので、自分が呼ばれて認識できる名前を付けると良いです。

 

Bliss-outは靴を着脱するスペースが広くて、その先にフロアへのドアがあり、オートロックです。その点も、警察が踏み込んできた時に安心ですね。

 

【フロアの感じ】

靴を脱いで、お店の中に入ります。Bliss-outは新宿にあるハプニングバーの中でも、店内がかなり広い方だと思います。

地下1階のトークスペースでも、普段はバーカウンタで10席以上、ソファは詰めると20人くらい座れるし、立って談笑するスペースも十分です。

そのままの広さが地下2階のハプニングスペースでも確保されているので広さが伝わるでしょうか?

 

ドアの右手にロッカールームがあるので、まずは3人をそちらに案内します。ロッカーは100円で施錠することができて、帰る時にはコインが返ってきますので実質無料。コスプレへの着替えもここで行いました。女の子2人はきゃーきゃー言っている。かわいい。

 

【にぎわいは?】

トークスペースに出てくると、お客さんが19:00のオープン直後なのにもう15人くらいいて、にぎわっていました。

 

女の子達には、事前にこんなことを話していました。

  • とにかく嫌なことをされたらはっきり「やめて」って言って良い
  • 声に出せなかったら席を立つとかとにかく距離を取る
  • 相手に直接言いにくかったら、私や店員さんに言えば代わりに注意するよってこと
  • 話したくない人だったら、ドリンクを取ってくるとか相手にしなくて良いこと

うまく飲み込んでくれたようで、その後立ち回りがスマートだったので、女性陣はさすがだな〜という感じで安心しました。

 

【プレイルームへGO!】

そのうち食事とドリンクが一段落したので、下のプレイルームを見学に行こう! と誘いました。

Bliss-outの下の階はシャワーブース2つ、トイレ、X字型のはりつけ器具、プレイルームが大小2つと、かなり充実した作りになっています。シャワーやプレイ前に服を脱いで置いておくカラーボックスの備えもばっちりです。

しかも、プレイルームは全部のぞける作りになっています。そののぞき部屋も、簡単な仕切りとカーテンで区切られていて、暗くて狭くて雰囲気たっぷりです。

 

こういうお店自体が全く初めてな女の子2人はもう絶句していてい面白かったですね。

 

もうちょっとプッシュしたくて、女性陣をのぞきに誘ったら、後から来たブラックの男性が入ってきて一緒にのぞいて行きました。その際に筋骨隆々の筋肉を触ったり、勃起したアソコにタッチしたりして、女の子3人できゃーきゃー盛り上がりました。

 

そんな、可愛い女の子もイケメン男性も遊びに来るBliss-outの周年パーティ、ぜひ遊びに行ってみてください♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です