中イキのすすめ 〜男性の心構え〜

女性で中イキしたことがないって人は本当にもったいないと、りょんは思います。人生の何分の一かは損しています! と言ってもいいくらい。

皆さん、女性の膣は意外と感覚がにぶいって知っていますか?
そもそも膣は出産の時に子供が通って来る道。狭い膣道を限界まで拡張して子供を出産するわけで、敏感に出来ていたら、出産の時に痛くて仕方ない訳です。つまり、神経がそんなに敏感に出来ている器官ではありません。なので、快感に対しても感度は実は良くないのです。

 

ではどうしたら、中イキできるのか? もちろん、女性の経験値にもよるところはありますが、男性の心構えが一番重要だと私は思っています。

どんな心構えかと言うと、まず、男性踏まえているべき前提として、女性が中でイくポイントは個人差があり、千差万別だということです。これが一番大事。

男性はとにかく女性は中を擦ればみんな気持ち良いと勘違いしがちですが、大きな勘違いです。強く突けばいい? NO! 入り口から最奥までピストンすればいい? NO, NO!!

女性一人一人が違う、ペニスが当たって気持ち良いポイントがあり、その場所やポイントや、範囲すらも個人個人で全然違います。

 

なので、男性側が、「目の前に居る女性の最適なポイントを探ろう」という気持ちが大事なんです。

例えば、女性の中のある2ヶ所にペニスを当てて「ここと、ここ、どっちが気持ち良い?」と聞くととても良いです。女性としても答えやすいですし、男性も場所を覚えやすいですよね。もちろん、女性の反応をよーく観察するのも重要です。

そして、男性はペニスをどれくらい奥まで挿入したか、角度は、強さはどれくらいだったかを記憶しておきます。

パートナーがいる人は、1回1回のセックスで徐々にポイントをおさえられるようになれば、いつしか毎回のセックスで男性も女性も大満足のセックスができるようになります。それってとても素敵なことですよね。

anan等の雑誌の特集で、半数近い女性が中イキしたことないという数字を見ると、悲しくなってきます。あんなに気持ち良いコトを知らないなんて!

ぜひ、男性陣は↑の心構えを持って、女性の中イキを助けてあげて下さい。

 

そして、初中イキを達成する一つの手段として、女性側の膣を開発する方法もあります。(女性は一度中イキを覚えると、相手が変わってもどんどん中イキできるようになります。)

初中イキを達成するりょん的おすすめは、3Pクラブ・プレジャーです。

 

to be continued…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です