弱肉強食な世界の極み、それがカップル喫茶という結論

赤裸々なことを言ってしまうと、カップル喫茶にはパートナーを獲得する力量のある人しか、来ることができません。

単独でハプニングバーや乱交パーティへ行くのは、とても簡単なんです。お金と身分証さえあれば、よほどの事が無ければ入店できます。(ぶっちゃけてしまうと、ハプニングバーなんて、お腹がだるんだるんのおっさん、化粧テカテカのおばちゃん、頭ハゲ散らかしてるじーさん、まあそういう妖怪達も来るんです・・・。お店はお金が欲しいので、残念ながらそういう見た目の人でも入店を断りません。)

 

一方カップル喫茶は、パートナーがいないと入店すらできません。このパートナー作りが最初にして最大の難問なんです。

ブログを読んで下さっている皆さん、あなたなら、セックス遊びを一緒にしたい、と彼氏彼女・奥様旦那様に言えるだろうか? 一晩中色んな人とセックスしよう、僕・私の前で他の人とセックスして欲しい、と言えますか?? これは結構ハードルが高いと思います。

なので、結構な割合で、カップル喫茶ユーザーはお相手を正規の夫婦や恋人ではなく、出会い系などで見つけて遊びに来ています。

私がパートナーを見つけるのに使っていたのはハッピーメールでした。

ハッピーメールバナー
 

さらに、いざ入店してからも、店内でお相手してくれそうなカップルに狙いを定めて、ナンパするように声を掛けて自力で遊び相手をゲットしなくてはいけません。

 

男女共に(実年齢はさておき)好ましい年齢に見えて、体型や顔を含め全体的なルックスもある程度のラインをクリアしていないと、他のカップルに相手にしてもらえないんです。男女どちらか片方が良くても片方がう~んって感じだと、遊びましょうと誘ってもらえないし誘っても断られてしまいます。

 

はっきり言います。カップル喫茶はシビアです。

 

風俗店ではないので、全員に遊び相手を選ぶ権利があります。なので、当然断ってもOKです。明らかにダメダメなルックスだと、お店にいる間中誰からも話しかけてもらえない、なんてことになってしまいます。りょんはそんな光景を何度も見ました。

つまり、ハゲて脂ぎっているおっさんや、ぽちゃぽちゃのおばちゃんは生き残れない世界がカップル喫茶です。

 

唯一、イケてない人が遊ぶ方法は、お金にものを言わせて、めちゃくちゃハンサム・美人なパートナーを連れてくることです。実際に常連さんからSYさんと呼ばれているおじさまが、本当に頻繁に来店していましたが、毎回連れているのは超美人で若くてセクシー。みんな、「いくら払って連れてきているんだろうね・・・」って噂していました(笑)

 

パートナーを見つけられる基準代わりに、私の当時の写真を載せておきます。一番セックス遊びにはまっていた頃は、モデルもしていました。

(今よりだいぶスリムです、ははは(笑))

 

逆にハンサムな男性、美人でセクシーな女性のカップルは入れ食い状態になります。周り中のカップルが、我こそは! と声を掛けるタイミングを伺います。そんな目で見られた日の優越感はたまらないです・・・。

 

私はガンガン遊びたかったので、ハイレベルな男性をつかまえるべく常に相手を探していました。一緒に遊ぶパートナーは常に数人確保していましたが、さらに獲得すべく、ハッピーメールのチェックは欠かさなかったです。

ハッピーメールバナー

 

エロの世界は努力が必須です!!!

自分のルックスや雰囲気を磨けば素敵なパートナーが見つかるし、ハイレベルなパートナーがいれば、お店で、自分が遊び相手を選ぶ権利をゲットできます。

 

カップル喫茶デビューは、新宿のオリーブが良いでしょう。というか、まともなカップル喫茶はオリーブしか無いといっても過言ではありません。

 

弱肉強食なカップル喫茶に、あなたも挑戦してみませんか?

 

to be continued…

 

 

What is カップル喫茶? What is スワッピング?

“カップル喫茶”って、聞き慣れない単語ではないでしょうか?

セックス遊びを極めた人々がたどりつく、ディープかつ安全な遊び場、それが”カップル喫茶”です。

 

カップル喫茶では、主に”スワッピング”という遊び方をします。スワッピングとは、男女カップルのパートナーを交換してセックスする遊び方。つまり、自分のパートナーが、お相手のカップルにヤられちゃうのを見られるわけです。

ですので、NTR(寝取られ)属性の方が好む遊び方でもありますね。

 

スワッピング以外にも、”相互鑑賞”といって、パートナーの交換はせず、自分のパートナーとセックスをして、それを相手カップルに見てもらうという遊び方もありです。

お店に人数の多い日であれば、”乱交”も可能です。もう何人でも組んずほぐれつ絡み合う遊び方。誰がどこを触っているのか分からなくて乱れに乱れます。

そんな遊び方ができるのが、カップル喫茶です。

 

「カップル」喫茶なので、当然男女のカップルでしか入店できません。ハプニングバーや乱交パーティ等と違って、単独の男女やグループでは入店できません。(男女同数でカップルを数組作る形式なら入店OKの場合があります。)

 

私はカップル喫茶に行くパートナーは、過去3,4人いました。全部、出会い系サイトのハッピーメールで見つけました。

ハッピーメールバナー

QRはこちら↓↓

 

 

ぜひ、素敵なパートナーとカップル喫茶遊びを楽しんで下さい♪

 

 

to be continued…

 

 

上野のカップル喫茶、キャッツ愛は閉店してしまいました

2020年現在、上野のカップル喫茶、『キャッツ愛』は閉店しています。お気を付け下さい。

 

〜〜当時の記録です。〜〜

2015年に上野のカップル喫茶『キャッツ愛』に援*助*交* 際のおじさまと行ってきました。

 

うーん、一言で言うと謎な空間でした! カップル喫茶に行きたいなら、よっぽど上野にこだわりがなければ新宿のオリーブをオススメします。

 

私は、カップル喫茶に行くパートナーはハッピーメールで見つけてます♪ (非合法ですが、援*助*交*際 の相手も見つかりますよ。)

ハッピーメールバナー

 

キャッツ愛は、小さいソファ席が7席くらいあって、それぞれの小部屋がカーテンで仕切られています。それとは別に、4〜5畳くらいのオープンスペースがあって、何組かが絡めるようになっていました。なぜか壁は一面エメラルドグリーンでした・・・。

受付で入会金と入場料を支払うと、その小部屋に押し込まれました。ちなみに、入場料は2時間の時間制でした。2時間以上居た場合、30分ごとに+1000円とられる仕組みです。ソフトドリンクも、1杯目は無料だったけれど、その後の追加はお金がかかりました。1杯500円〜1000円くらいだったはず。

小部屋が、とにかく狭い! そこでプレイとか絡むとか無理です。2人で座るのがぎりっぎりのソファで両側には壁がせまり、座ってプレイとか立ちバックがやっと? っていうようなスペースでした。ベッドというか平場じゃないので、寝転がってエッチはできません。

その小部屋は何のためなんだろう?? 他の人がオープンスペースでヤっているのを見るためなのでしょうか。せっかく「カップル喫茶」なのに、他のカップルと絡めないなんて意味がないと思うのですけどね・・・。

 

オープンスペースはというと、薄いマットが敷き詰めてあり、床から50cmくらいまで、低い部分は鏡張りになっています。そこでプレイするのも、独特なルールがあるようで、小部屋から出ていいのかどうかもよくわからなかったです。出ても特にお店の人から注意はされなかったので、出入りは自由なようでした。

 

そこに一緒に行ったのはその当時、1回3 万 もらって会っていた人で、もう名前も忘れてしまったぐらいの人なのですが、2人で顔を見合わせてひたすら戸惑ってしまいました。

それでも、私達の他に2組お客さんがいて、1組は小部屋で、1組はオープンスペースで絡み合っていました。

勇気を出して、オープンスペースに行ってみました! そして絡み合ってるカップルを横で眺めていると、そのカップルも戸惑った顔をしていました。そりゃそうだ。じーっと見られていたら意味がわからないでしょうね(笑)

ただ、スワッピングをしたいかというと、残念ながらご遠慮願いたいような体型のカップルでした。年もかなりいっていたと思う。「こんにちは」「こんにちは」とあいさつして、気まずい空気が流れてしまいました。

 

そこで相方とセックスする気にはなれなくて、なんとなく一周見渡して、帰ってきてしまいました。

なんか、肝試しみたいな感じになってしまった、上野のキャッツ愛訪問でした・・・。

 

カップル喫茶に行きたいなら、全力で新宿のオリーブをオススメします。