Bliss-out 5周年、大盛り上がりのパーティのご案内

2016年10月8日、友人らを巻き込んでBliss-outの5周年記念パーティに行ってきました!

 

普段よく乱交パーティに一緒に行く男性と、ハプニングバー初体験の女の子2人を誘って参加しました。

男性は超絶イケメンのマッチョで本当に格好良い私の自慢のパートナー。ハッピーメールで知り合いました。

↓↓ここね♪↓↓
ハッピーメールバナー

 

 

4人でパーティ開始の19時に乗り込みました。

もうすでにドア前には行列ができていて、これは盛り上がりが期待できそうな感じ。

 

【いざ入店】

私以外の3人はBliss-outは初めてだったので、身分証の確認と、申込書の記入がありました。

普通、ハプニングバーでは年齢確認や身分(警察か否か)の確認のために、身分証の提示を求められますので、パーティの時でも必ず携帯しておきましょう。

そして申込書に氏名・住所・電話番号等の連絡先を、ハンドルネームを決めます。お店の中では、ハンドルネームを名乗るのが普通なので、自分が呼ばれて認識できる名前を付けると良いです。

 

Bliss-outは靴を着脱するスペースが広くて、その先にフロアへのドアがあり、オートロックです。その点も、警察が踏み込んできた時に安心ですね。

 

【フロアの感じ】

靴を脱いで、お店の中に入ります。Bliss-outは新宿にあるハプニングバーの中でも、店内がかなり広い方だと思います。

地下1階のトークスペースでも、普段はバーカウンタで10席以上、ソファは詰めると20人くらい座れるし、立って談笑するスペースも十分です。

そのままの広さが地下2階のハプニングスペースでも確保されているので広さが伝わるでしょうか?

 

ドアの右手にロッカールームがあるので、まずは3人をそちらに案内します。ロッカーは100円で施錠することができて、帰る時にはコインが返ってきますので実質無料。コスプレへの着替えもここで行いました。女の子2人はきゃーきゃー言っている。かわいい。

 

【にぎわいは?】

トークスペースに出てくると、お客さんが19:00のオープン直後なのにもう15人くらいいて、にぎわっていました。

 

女の子達には、事前にこんなことを話していました。

  • とにかく嫌なことをされたらはっきり「やめて」って言って良い
  • 声に出せなかったら席を立つとかとにかく距離を取る
  • 相手に直接言いにくかったら、私や店員さんに言えば代わりに注意するよってこと
  • 話したくない人だったら、ドリンクを取ってくるとか相手にしなくて良いこと

うまく飲み込んでくれたようで、その後立ち回りがスマートだったので、女性陣はさすがだな〜という感じで安心しました。

 

【プレイルームへGO!】

そのうち食事とドリンクが一段落したので、下のプレイルームを見学に行こう! と誘いました。

Bliss-outの下の階はシャワーブース2つ、トイレ、X字型のはりつけ器具、プレイルームが大小2つと、かなり充実した作りになっています。シャワーやプレイ前に服を脱いで置いておくカラーボックスの備えもばっちりです。

しかも、プレイルームは全部のぞける作りになっています。そののぞき部屋も、簡単な仕切りとカーテンで区切られていて、暗くて狭くて雰囲気たっぷりです。

 

こういうお店自体が全く初めてな女の子2人はもう絶句していてい面白かったですね。

 

もうちょっとプッシュしたくて、女性陣をのぞきに誘ったら、後から来たブラックの男性が入ってきて一緒にのぞいて行きました。その際に筋骨隆々の筋肉を触ったり、勃起したアソコにタッチしたりして、女の子3人できゃーきゃー盛り上がりました。

 

そんな、可愛い女の子もイケメン男性も遊びに来るBliss-outの周年パーティ、ぜひ遊びに行ってみてください♪

 

 

ハプニングバーの基本的な遊び方を教えます!

「他人のセックスってどんな感じ? のぞき見してみたい・・・。」

「もし自分が人にセックスを見られたら興奮する? 見られてみたい・・・。」

「何人もの人からいっぺんに触られて責められたら、感じてしまうだろうか? 試してみたい・・・。」

 

そんなちょっとアブノーマルな願望を叶えられる場所が、ハプニングバーです。

 

 

ハプニングバーはその名の通り、”ハプニング”が起きる、”ハプニング”を起こせるお店です。その場にいる人の間で何かが起きるかもしれない、起きないかもしれない、そんな場所。

そう、その”ハプニング”とは、エッチなハプニングです。

 

“バー”というだけあって、誰が来店するか、もちろん決まっていないです。お店がOKを出し、きちんとお金を払えば、基本的にはどんな人でも入店できます。

なので、同じハプニングバーに行ってもその日その場にいる人で、場の雰囲気が全然変わってきます。また、お店のコンセプトや内装の作りもそれぞれのお店で違うので、ハプニングの起こり方もそれぞれ違います。

 

【ハプニングバーの来店形式】

ハプニングバーには、単独の男性/女性、カップルやカップル2組等、どんな組み合わせでも入場することが出来ます。

同性3人以上のグループで来店する場合は、あらかじめお店に連絡して、了解を取っておいた方が良いでしょう。

入場・入会料金は、各店で違いますが、大体「単独男性」「カップル」「単独女性」この3つの場合に分けて料金が設定されている場合がほとんどです。

 

ここだけの話し、「単独男性」で入店する場合が一番お金が掛かります。カップル料金の大体2〜3倍くらい。なので、ちょっと協力してあげるつもりで、私はよくハッピーメールで出会った男性と、ハプバーに遊びに行っていました。

ハッピーメールバナー

 

【ハプバーでの必須マナー】

ハプニングバー独特のマナーとして”手洗い”と”事前シャワー”があると、りょんは思います。

“手洗い”とは、女性に触れる前に手を洗うこと。

女性は清潔な手が好きです! おつまみを触った塩っぽい手や、たばこを吸った直後の手で、体、とくにおっぱいや局部を触られるのは大嫌いです。一発でNGになりかねません。

女性に触る前は、手を洗うことを忘れずに。

 

それと同じで、いざハプニングルームへ行くとなったら、必ずプレイに参加する全員がシャワーを浴びましょう。狭いハプニングバーだとシャワーをスキップしてプレイになだれ込もうとする輩がいますが、りょんなら二度とチャンスは与えません。

むしろお店に注意してもらうように店員さんに通報する様なレベルです。

 

【ハプニングバーで出来る事】

一番のお目当て、エッチなハプニングは、相手の了承が取れればもちろんOK!

一対一のセックス、3Pや輪姦、カップル同士のスワッピングや乱交、何でも相手の了承が取れれば可能です。

 

お店ごとに配置は違いますが、大体トークスペースとハプニングルームが分かれています。トークスペースでOKなプレイの範囲、ハプニングルームでOKな事、それぞれ違うので、お店から説明された内容は守りましょう。

一般的に、トークスペースでは、局部の露出はNGなので、男性はおちんちんを出さない、女性はパンツを脱がない、というのは最低ラインです。

 

お店によっては、ハプニングルームののぞき窓が用意されています。

新宿のBliss-outはすごくのぞき窓がしっかりあるので、他人のエッチを迫力の近さで見つめることができますよ。

 

りょんは露出にはまるようになってから、Bliss-outによく通っていました♪

 

次回は、そんなBliss-outの様子をレポートします。

 

to be continued…

 

 

ハプニングバー随一のにぎやかさ! 渋谷・眠れる森の美女

ハプニングバーって色んな街に大小たくさんあります。最近は小型のコミュニケーションバーも増えてきました。

 

その中で、渋谷だったら、なんと行っても押しも押されぬ代表は「眠れる森の美女」でしょう。

 

眠れる森の美女-Sleeping Beauty-みんな通称のSB(ヱスビー)と呼びますが、渋谷の道玄坂を上って行って右手のラブホ街に入っていった中にあります。

 

そんな立地なのに、なんと独立した建物で、3フロアもあります。

 

エントランスは1階と言うか、地上の道に接した角地に入り口があります。どこのハプニングバーでもそうですが、初回であれば、まず入り口で入場料の支払いと身分証の提示、申込書の記入等を行います。

SBの場合は、フロアごとの使い方がきっぱり分かれているので、各フロアの説明も受けます。

 

地下1階は、バーカウンターとソファー席、ステージ等があって、メインのフロアです。

ここでドリンクや簡単なおつまみが頼めます。

 

びっくりするのが、婦人科の診察で使うような開脚椅子があることですね〜。ここでハレンチなプレイをしても良いという事なのでしょうが、トークスペースが近いため、めちゃめちゃ恥ずかしいと思います。

 

エントランスのあった1階は、シャワーブース、ロッカー、休憩用のソファのみなので、遊ぶ場所ではないですね。

 

SBにはさらに、2階まであります。さあ、いよいよプレイルームに行ってみよう。

2階は独特な空間です。

  • カップルさん専用のトークスペース
  • SMスペース
  • 和室ブース
  • プレイルーム

の4つのセクションに分かれています。

地下1階はクラブミュージックが流れていてイケイケな雰囲気なのと違い、2階はしっとりと落ち着いたムードになっています。

カップル専用のトークスペースは、ローソファとローテーブルがありアットホームな感じでおしゃべりできます。もちろん、2階にドリンクを持って来るのもOKです。

 

ただし注意!

ドリンクを地下1階に取りに行く際に、必ずパートナーと一緒に行動しなくてはいけません。

パートナーを、2階のトークスペースに置いていくことはNGとなっています。店員さんも厳しくチェックしているので、ルールはちゃんと守りましょう。

 

SMスペースには麻縄や鞭などが掛けてあります。ザ・SMという雰囲気です・・・。

 

和室ブースはカップル専用のトークスペースの目の前にあり、見せたがりの変態がそこでオナニーをしていることもあります。

それを眺めながらお酒を飲んだこともありました。

 

 

SBは、ハプニングバーの中でも一番、”普通に飲みに行く”という感じで訪れることができるお店だと思います。

とりあえず、偵察しに行ってみようよ、ってハッピーメールで誘って遊びに行くの、アリですよ♪

 
ハッピーメールバナー

 

以上、眠れる森の美女@渋谷の紹介でした。

 

to be continued…

 

 

9259が話しかけやすいお店である理由をおしえます。

なぜ”9259″なのか? 私も知りません(笑)

 

数あるハプニングバーの中でも、お客さんも店員さんもぐいぐい来るのが9259という印象。

9259のキャッチコピーはこんな感じ。

 

『新感覚なエンターテイメントBAR。ハプニングバーよりもわくわく楽しめるお店。東京・新宿・WakuWakuBar 9259』

 

確かに、合ってました!

 

普通のハプニングバーが、バーカウンターとソファ、プレイルームという構成が多いのに対して、9259はダーツマシンや、ポールダンス用のポールが備え付けてあり、エンタテイメント性が高い感じです。

 

このダーツマシンが結構良い仕事をしてくれます。1プレイ100円だったはずですが、ダーツバーのように、ちゃんと色々なゲームを楽しめました。

女性に話しかけにくいな、っていうシャイな男性も、「ダーツ一緒にしませんか?」と誘いやすいのです。

そしてダーツのプレイ中にグループの誰かがBULLに入れたら、イエーイってハイタッチしたり、スキンシップのきっかけも作りやすいです。

これが、私が9259は話しかけやすいお店と言う理由です。

 

また、9259は店員さんが非常にフレンドリーで、バーカウンターに居ると積極的に話しかけてくれます。単独女性・単独男性には、間がもって非常にありがたいです。

そしてもし気になる人がいたら、店員さんに耳打ちすると、さりげなく席を近くしてくれたり、ずばりとカップリングしてくれます。

この点でも、9259は初対面の相手と話しやすい環境が整っているお店と言えると思います。

 

私が初めて一人で入店した時は、入会金¥1,000だけ掛かりました。他は全て無料。男性・カップルの料金表はこちらです。

 

ハプニングルームは、ソファ席の奥にあり、個室ではありません。仕切り代わりにネットが張ってあるだけなので、のぞき見もできますし、声が通ります。プレイを見られるのが恥ずかしい方には向いてないお店かもしれませんね。

 

余談ですが、ポールダンス用のポールがあるため、ポールダンスイベントのある日はお腹を出したセクシーな女性達の舞が見られます。

私が行った日がちょうどそのイベントの日で、眼福でした・・・。

 

9259は名前が特徴的なせいか、ハッピーメールでもよく、「一緒に行く人募集!」といった書き込みを見つけられます。

ハッピーメールバナー

ハピメで相手を見つけて、ぜひカップル遊びもしてみてはいかがでしょうか?

 

to be continued…

 

 

あなたも安全に遊べます! 新宿一番人気!? リトリートバー

新宿歌舞伎町で1番人気かも!? RETREAT BAR(リトリート バー) を、遊び人のわたくしりょんがおすすめする理由を書いてみました。

 

りょんが大好きなハプバーといえば、まず真っ先に新宿歌舞伎町の奥まった場所にある、リトリート、通称”リト”を挙げますね。

発表! SEX研究所代表りょんのおすすめハプニングバーTOP10』でも、堂々の1位に輝いたのが、リトです!
1位の理由は色々あるのですが、なんと言っても女性が一人で遊びに行っても安心して遊べる点にあります。

 

初めて来店した人は、必ず身分証のチェックがあります。ハプバーのIDチェックは、年齢確認と警察を見分けるという2点の目的があるので、きちんと協力しましょう。

会員になった後も、必ず入店時には会員証のチェックがあります。

なので、身分をかたったり変な様子の人は入店できません。

 

入店後も、スタッフさんが常時店内に目を配ってくれており、「大丈夫ですか、変な人はいませんか、楽しまれていますか?」と、声を掛けてくれます。

リトリートは、スタッフさんが男性メインで、全員必ずスーツなため、ぴしっとした雰囲気があります。そのため、威圧感があると言うか、注意したら言われた事をお客がちゃんと守ります。

なので、女性一人で行っても、困ったら助けを呼んでOKです。全員きちんと対応してくれます。

 

値段の面でもリーズナブルです!

女性は基本的に無料!! 入会時のみ¥1,000〜¥2,000掛かるかもしれません。入会キャンペーンの日を狙うと、それも¥0になります。

男性の会員登録費・入店料金はその日のキャンペーンによりけりなので、お店のHPのイベント情報を参照して、狙いを決めて遊びに行くと良いです。

基本的な料金はこちらに載っています。

 

店内では、自由にドリンクを楽しむことができます。お店で100種類近くソフトドリンク・アルコールを用意してくれています。

※酔っ払いは嫌われるので、くれぐれも飲み過ぎ注意!!

 

じゃあ肝心のハプニングは? というと・・・。

リトリートでは、ハプニングルームは、個室で鍵が掛かるようになっています。外からのぞかれる事はありません。

鍵が掛かるため、万が一警察が踏み込んできた場合にも、服を着てセックスなどしていなかった様に装う事ができるため、非常に安心なシステムです。

 

女性にとって個室が安心なのは、お互いにプレイをOKした相手以外から見られたり触られたり、乱入されたりする事が無い点です。

これはかなり重要です。

この点で、初心者の女性プレーヤーにリトはとてもおすすめです♪

 

もし一人で行くのは心配・・・と言う時は、ハッピーメールでパートナーを見つけて行くと良いですよ。

ハッピーメールバナー

ハッピーメールは男性がパートナーを見つけるのに使うのもかなりおすすめです。サクラは確かにいますが、ちゃんと見極めれば素人の美人・かわいい子もたくさんいます。

スマホの方は、こちらのQRからどうぞ。

 

 

ハプニングバーランキング堂々のトップ、リトリートをご紹介しました。

ぜひ遊びに行ってみてください。

 

to be continued…