稼げたりょん直伝のフェラのコツをご紹介します 〜いよいよフィニッシュ編〜

続きまして、いよいよフィニッシュ編です。

 

【射精へ】

よし、いよいよフィニッシュです。普通にセックスするなら、自分のおまんこに誘って挿入にもつれ込みます。

 

彼氏彼女、夫婦関係の方、ソープ嬢の方々は、「もう我慢できないよぉ・・・入れてっ」なんてセリフが言えたら完璧です。

 

 

もし、ヘルス店だったり自分が生理でセックスできない場合は、フェラでフィニッシュさせましょう。

 

と言いましたが・・・。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

 

フェラ「だけ」でフィニッシュさせるのは、実は難しいです。出来ない事はないのですが、私は大体あるテクニックを使いました。

 

それは、”手”です。手コキをプラスします。

 

やり方は、まず亀頭から竿の中間までを口でくわえます。

手にローションを付けるか、唾液でねとねとにした上で、根元は片手で包み込みます。

そして、同じタイミングで上下させます。口の上下と手の上下がバラバラにならない様に注意します。

 

男性がまるで口だけで擦られていると錯覚させられたらしめたもの。そう錯覚させるためには、亀頭から根本まで、唾液かローションでぐっしょり濡らしておくことが重要です。

途中で止めると萎えてしまう事があるので、ここはぐっと踏ん張って擦り続けます。

 

痛くさせないように注意しながら、圧力を強め、スピードを上げてフィニッシュさせます。

 

この口と手の合わせ技の練習にはリアルグレートはちょっと小さいので、みちのくディルドJrがおすすめです。みちのくディルドJrは、私が勤めていた吉原の高級店、ラスト・シーンで講習にも使われています。
みちのくディルドJr

 

これもNLSで買うのが安上がりです。

アダルトグッズのNLS

 

 

【精液の処理】

当然、フェラでフィニッシュさせると口の中に精液を出されます。

めっっっちゃくそ青臭くて苦くて美味しくないです、ぶっちゃけ・・・。

 

くそマズイ精液をごっくんしない場合は、射精の瞬間に息を止めてなるべく舌の手前で精液を受け止めます。

そして、ぱっとティッシュか手に吐き出してしまいましょう。(りょんはその後、差し支えのない相手であれば、さっさと口をゆすぎます(笑))

 

喉の奥の方で射精されたらもろに味を感じてしまって悲劇ですので注意が必要です。

射精がそろそろかな〜と思ったら、自分の口はおちんちんの亀頭と竿の境目辺りに固定して、竿の手コキを頑張ります。舌の先っぽで受け止められる様に慣れてくると、一気に口でフィニッシュさせるのが楽になります。

 

逆に、ごっくんする場合は、喉のなるべく奥で射精させます。そのまま舌で味を感じない様に注意して、一気に飲み込みます。AVの様に舌の上に溜めるのは、味を舌の上に保存するようなものなので、最悪です。ごっくんだけが目標なら、絶対にやめましょう。

 

演技でいいから、「おいしい・・・(ごっくん)」が出来たら、もう1000点満点でしょう。

 

〜フェラ完了!!!〜

 

一通り、スタンダードなフェラの流れを書いてみました!

りょんのフェラはこんな感じですが、参考になりましたか?

 

上達するには、数をこなすより、一人一人の反応を観察する方が近道です。1回フェラをする機会があったら、そこからたくさんの事が学べます。

 

その気になったらあっという間に上達できるので、フェラテクでぜひ男性をはあはあ♡言わせましょ!

 

 

to be continued…

 

 

稼げたりょん直伝のフェラのコツをご紹介します 〜フル勃起まで持っていく編〜

りょんの男性をはあはあ♡言わせるフェラテクの続きです。

 

 

【亀頭責め】

 

おちんちんの皮を手で優しく優し〜く根元の方に下げます。そうすると亀頭があらわになります。

その状態で亀頭責めをします。きゅっと唇をすぼめて亀頭を吸い込むようなイメージで圧力をかけます。舌も使って、尿道口や亀頭の表皮をくりくりとなめ回します。

 

この責めで、亀頭責めが好きなのかどうか見極められます。

意外と、亀頭責めは反応が真っ二つに分かれます。好きな人はもだえる様に感じてくれますが、嫌いな人は冷めてしまうし、場合によってはふにゃってしまいます。

 

感じているようなら問題なし。亀頭を重点的に責めましょう。

 

 

【竿責め】

 

亀頭責めの反応が薄かったら、竿の刺激が好きなケースが考えられます。

竿の責めポイントは3つ。

  1. 亀頭と竿の境目、つなぎ目の部分
  2. 竿の中間
  3. 根元

 

[1]  亀頭と竿の境目が好きそうなら、唇をすぼめて、重点的にその辺りを唇で上下にこすってあげます。

この時に注意するのは、自分の唇にしっかりと唾液を付けること。乾いてカサカサの唇ではおちんちんを痛めます。

 

[2]  竿の中間が好きな人ならば、舌をべろっと出して竿に密着させ、舐め上げたりスクリューさせたりします。唇をすぼめて吸い込んだり押し出したりする責めも効果的。

竿の中間を責める時にポイントなのは、口に吸い込まれる方向が好きなのか、口から引き出される方向に責められるのが好きなのか見極めることです。男性の表情や声をしっかり感じ取りながら責めます。

 

[3]  根元が好きな人は簡単。頑張って奥の奥まで口に含む、これしかありません。

ただしこればっかりは、自分の口のサイズと相手のおちんちんとの相性なので、無理はしないようにしましょう。

喉の奥まで入れると「おえっ」ってなりますよね。これを嘔吐反射と言うのですが、この嘔吐反射がクセになると、日常生活の簡単な刺激で毎回おえってなるようになってしまうので要注意です。喉奥フェラほどほどにしましょう。

 

以上がフル勃起まで持っていくためのテクニックでした。

次回は・・・?

to be continued…