上野のカップル喫茶、キャッツ愛は閉店してしまいました

2020年現在、上野のカップル喫茶、『キャッツ愛』は閉店しています。お気を付け下さい。

 

〜〜当時の記録です。〜〜

2015年に上野のカップル喫茶『キャッツ愛』に援*助*交* 際のおじさまと行ってきました。

 

うーん、一言で言うと謎な空間でした! カップル喫茶に行きたいなら、よっぽど上野にこだわりがなければ新宿のオリーブをオススメします。

 

私は、カップル喫茶に行くパートナーはハッピーメールで見つけてます♪ (非合法ですが、援*助*交*際 の相手も見つかりますよ。)

ハッピーメールバナー

 

キャッツ愛は、小さいソファ席が7席くらいあって、それぞれの小部屋がカーテンで仕切られています。それとは別に、4〜5畳くらいのオープンスペースがあって、何組かが絡めるようになっていました。なぜか壁は一面エメラルドグリーンでした・・・。

受付で入会金と入場料を支払うと、その小部屋に押し込まれました。ちなみに、入場料は2時間の時間制でした。2時間以上居た場合、30分ごとに+1000円とられる仕組みです。ソフトドリンクも、1杯目は無料だったけれど、その後の追加はお金がかかりました。1杯500円〜1000円くらいだったはず。

小部屋が、とにかく狭い! そこでプレイとか絡むとか無理です。2人で座るのがぎりっぎりのソファで両側には壁がせまり、座ってプレイとか立ちバックがやっと? っていうようなスペースでした。ベッドというか平場じゃないので、寝転がってエッチはできません。

その小部屋は何のためなんだろう?? 他の人がオープンスペースでヤっているのを見るためなのでしょうか。せっかく「カップル喫茶」なのに、他のカップルと絡めないなんて意味がないと思うのですけどね・・・。

 

オープンスペースはというと、薄いマットが敷き詰めてあり、床から50cmくらいまで、低い部分は鏡張りになっています。そこでプレイするのも、独特なルールがあるようで、小部屋から出ていいのかどうかもよくわからなかったです。出ても特にお店の人から注意はされなかったので、出入りは自由なようでした。

 

そこに一緒に行ったのはその当時、1回3 万 もらって会っていた人で、もう名前も忘れてしまったぐらいの人なのですが、2人で顔を見合わせてひたすら戸惑ってしまいました。

それでも、私達の他に2組お客さんがいて、1組は小部屋で、1組はオープンスペースで絡み合っていました。

勇気を出して、オープンスペースに行ってみました! そして絡み合ってるカップルを横で眺めていると、そのカップルも戸惑った顔をしていました。そりゃそうだ。じーっと見られていたら意味がわからないでしょうね(笑)

ただ、スワッピングをしたいかというと、残念ながらご遠慮願いたいような体型のカップルでした。年もかなりいっていたと思う。「こんにちは」「こんにちは」とあいさつして、気まずい空気が流れてしまいました。

 

そこで相方とセックスする気にはなれなくて、なんとなく一周見渡して、帰ってきてしまいました。

なんか、肝試しみたいな感じになってしまった、上野のキャッツ愛訪問でした・・・。

 

カップル喫茶に行きたいなら、全力で新宿のオリーブをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です